| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ケアレスミス

どんなに気を付けていても、
人と言うのは間違いを犯してしまうもの。
その解決策として人は色々な事を考えます。

「今後は気をつけましょう!」で終わらせてしまう人、
このパターンの人は、
最もバイク乗りに向かないタイプの人だと俺は思うのですが、
一方、規則でガンジガラメにしてしおうとする人、
全てをオートメーション化してしまおうと思考回路が働く人、
様々ですよね?
自分は極力作業工程を簡略化する方向に考えるタイプですが、
そーなると、その作業事態の面白味はなくなるわけで、
つまり何が言いたいのかと言うと、



間違えました。



いや、昨日の日記なんですけどね。
気が付いた人は、気が付いたかもしれませんが、
2番目のニードルの選択肢、
「切上り」のトコで選択してるOCETTってば、
濃くしたいンだから、
「長く」するんじゃなくて「短く」しなきゃダメですよね?



あはは・・・。



笑ってる場合じゃない。
修正すると↓こんな感じ?

      FCR ニードル一覧表


つまり、どー言う事かと言うとですね。
↓こんな感じ?

   FCR切上りの違い


ニードルの切上りが何だかが分かって無い人には、
サッパリな絵でしょうが、
切上りについてはオメガウェポンのカテゴリーで書いてますので、
そちらを見て頂くとして、
FCRに限らず、キャブのセッティングが分かる人には、
デフォルメしまくったこの絵でも理解して頂けるのではないか?
なんつって思う訳です。

絵の状況としては、
スロットル開度は約3/8、クリップ段数は7段目。
OW01でFCRのセッティングを煮詰めているパートの1つの状態ですね。
正確な寸法は忘れましたが、記憶が確かならば、
切上り1段の変更は、クリップ段数1段の変更と同じなんですよ。



で、余談だけど、



絵を見れば想像が付くとは思いますが、
クリップ段数の変更と言うのは、
アクセル開度に対して、
アクセルを開けて行く時に、どの時点からテーパーの影響を与えていくか?
と言うセッティング項目であって、
メインジェットや、スロージェットの様に、
混合気を濃くするとか、薄くするとかって話とはちょっと違う訳です。



つまり、



現状、俺のFZR750Rの場合、
アクセル開度3/8付近では濃くしたい、
正確に言うと、
テーパー角の影響が出るポイントを早くして、
ガソリンを沢山エンジンに送りたいと言う魂胆な訳ですよ。

絵で言うと、
真ん中の切上りを長くした場合では、
開度が3/8の時に、
ニードルのストレート径の部分でポートを塞いでいるのに対し、
右側の切上りを短くした場合を見ると、
同じ開度3/8の時にポート部分でニードルは
テーパーの部分に達していて、
ニードルとポートの隙間の面積が真ん中の場合より広くなっています。
つまり、
それだけ混合気を沢山エンジンに送ってる。
そんな感じ?

それからこれは補足なのですが、
切上りで、最初に燃調を追い込んで行くと、選択肢が少なくなるってのは、
切上りのサイズが、
QとかHまで行っちゃう場合の事を言ってますので、
あしからず・・・。
そんな感じ?

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

あぁ、間違ったニードルを買う前に気が付いて良かった!


それから、


間違った事でネタが増えて良かった!


・・・。

・・・。

・・・。

とか言ってる場合では、もちろんありません。



スポンサーサイト

| Omega Wepon | 21:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。