PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビジュアル系FCRセッティング論

バイクは乗って遊ぶものであって、
弄る事は本道では無いと言う事が、持論の俺であります。
が、しかし、
カメラ弄りと、バイク弄り、一見、2つは果てしなく畑違いと思われガチなのですが、
セッティング。
と言う1点に置いて、非常に共通する部分がある事は、
意外と知られていない事実な訳です。

特に昨今のデジタルカメラは、
撮影時にモニターで確認しながら撮れる為、
絞り、シャッタースピード、ホワイトバランス、ISOと、
セッティング的要素による写真の仕上りの違いが大きい訳でして、
ジェッティングでバイクの性格が変わるFCRと、
思想的に共通する部分が大きい訳です。



デジタル写真なんて、あとでレタッチすれば良いじゃーん!



的な考え方では、
いつまで経っても撮影が上手くならない様に、
キャブセッティングにおいても同様で、
馬力崇拝思考ばかりでは、いつまで経ってもバイクは速くならない訳です。
大切なのは、
どの様な写真を撮るか?バイクで言えば、どの様な走り方をするか?
そのイメージを固めてから取り掛からなくてはなりません。
言い換えるならば、
馬力よりも、コーナーの立上りで如何に開け易いセッティングとするか?
コレが一番大切な訳です。

横浜 山下公園1

Nikon D100 + AiAF Nikkor 24mm F2.8S
1/20秒 F/2.8 -0.3EV ISO200

では、先ず、サクッと噴水の中の像を撮ってみました。
写真の仕上がりのイメージは、
ウルサイ背景のビルを噴水で隠し、噴水に反射する照明の光で像を浮き上がらせる感じ?
キャブセッティングと同様、
セオリーに沿って基礎セッティングの基準を設定します。

選択したレンズは、手ブレの目立ち難くパース感も丁度良い広角24ミリ。
絞り優先モードで使用する為、
開放F値の明るい単焦点レンズを使いシャッタースピードを稼ぎます。
次に、
背景を暗くして幻想的な写真とする為に、
露出補正はマイナス1/3補正で撮ってみたのですが、
噴水からの反射光が不足している様で、像が暗くなってしまいました。

横浜 山下公園2

Nikon D100 + AiAF Nikkor 24mm F2.8S
1/20秒 F/2.8 ±0EV ISO200

次に像が暗く写ってしまった事と、
被写体の像が白い事から、プラス側へ露出を補正して行きます。
コレはキャブセッティングにおいて、
セットが薄いのか?濃いのか?
を判断してセットの方向性を決めるのと、同様の理由です。
でも、まだ暗い。

横浜 山下公園3

Nikon D100 + AiAF Nikkor 24mm F2.8S
1/10秒 F/2.8 +1.0EV ISO200

更に強気でプラス補正を進めます。
大分イメージに近付いて来ましたが、もう少し雰囲気を出したい。
またシャッタースピードが遅くなっているのは、
露出のプラス補正によりシャッタースピードが遅くなったのか?
それとも、
単に測光点が今までと違う処を測光してしまったか?
と言うトコですね。

FCRのセッティングで大切なのは、「感」だけで進めるのではなく、
数値的根拠で補足しながら推理して行く事が大切です。
プラグの焼け色など、
走り方でイクラでも変わってきますから、参考程度にするべきなのです。

横浜 山下公園4

Nikon D100 + AiAF Nikkor 24mm F2.8S
1/6秒 F/2.8 +1.7EV ISO200

手持ち撮影では強気のプラス補正で、
シャッタースピードは、いよいよ脅威の1/6秒。
ストロボ無しの地明りでポートレートを撮るプロの領域に突入します。
手ブレが目立って来ましたが、運が良ければ撮れるかも?
って感じです。

露出補正的にも限界のプラス2EV近くにあるので、
後は噴水にタイミングを合わせて、
測光ポイントを明るい点にして、余計な処はアンダーにしていきます。
後は噴水の吐出タイミングに合わせて、
正確な測光と、シャッターチャンスを押さえて、
手ブレに最大限の注意をすれば、ベストな写真が撮れる筈!

横浜 山下公園5

Nikon D100 + AiAF Nikkor 24mm F2.8S
1/3秒 F/2.8 +1.7EV ISO200

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

ぎゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!


失敗したぁーーーーーーーーーーーーーーーーーー!



って感じではありますが、失敗は成功の元と言いますし、
練習の段階で大切なのは、
結果よりも、そのプロセスで考えた事が、今後の糧となって行くのです。
(果てしなく言い訳に聞こえますが・・・)
そーすれば、
いつか必ずどんなバイクのFCRのセッティングだって、
出来る様になる筈なのです。



え?なに?言ってる意味が全然分かんないって?



・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

えと、そう言う人は、
とっととバイク屋さんに行って、セッティングして貰って下さい。
スポンサーサイト

| それは正に孤高の日々 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yasudamisa.blog57.fc2.com/tb.php/113-79fdc5c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。