PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蘇る銀狼

刀


いやはや、何と言いますか、デジタル一眼レフで撮影する時は、
やっぱJPEG保存よりも、
RAWで撮ってレタッチソフトで「現像」に限りますよね?
いつもの130万画素程度の写真と違って、
階調表現もなめらかだし、画像もシャープで、
誰が見ても画質の違いが、



全然、分かンねぇーよ!



って感じな訳で、
最近、写真にウツツを抜かし、バイク乗りの魂を忘れちまったンじゃないの?
なんて思われそうな勢いの当ブログではありますが、
写真のタコメーターを見れば分かる様に、
半年近くの長きに渡って沈黙を続けていた我がGSX400Sが復活!って感じ?
で、高々1枚の写真に5メガも使って、
無駄にハードディスクの残容量を減らしておる訳ですが、



やる事ぁ、ちゃんとやってる訳ですよ!



FCR

更には
FCRの写真を無意味にモノクロにしてみた訳ですが、
仕事だ!病院だ!で、時間が無い関係で、
なかなか作業が進まないっつーか、頼んでたパーツを取りに行く暇が無いつーか、
な感じでして、
ようやく作業開始って感じな訳ですよ。



問題点は2つ、



燃料コックが逝かれていて、ガソリンが漏れまくりだったのと、
キャブレターのオーバーフロー。
燃料コックは交換すれば修理は簡単ですが、
一度オーバーフローする癖がついたキャブレターってのは、
FCRに限らず、
癖みたい年中オーバーフローする様になるのでタチが悪い訳ですよ。



理由は、



オーバーフローの症状を一時的に止めるのはソコソコの知識がある人がやれば、
対処は割と簡単なのですが、
オーバーフローを起す原因を根絶出来ない事が理由な訳ですよ。
例えば、
一般に原因として言われるのはタンクの錆なんかですが、
フィルターを付けようが付けまいが、
暫くするとガソリンが漏れ出しちゃったりなんかする訳です。

ウチの刀の場合は紆余曲折ありまして、
初期の頃の原因は、
前オーナーがフロートバルブを受ける
バルブシートを歪ませていたのが原因だったのですよ。
んで、
原因が分からずガソリンの代わりに水を入れアレコレ実験を繰り返しまして、
やっと直ったのですが、



今度は水を入れたから、キャブの内部が錆びた・・・。



と、猛烈に、強烈に、想像を絶する程、
お馬鹿な事が原因でオーバーフローしまくりなのが、
現在の原因な訳です。
まぁ、定期的にキャブを分解洗浄してれば問題が無いのですが、
怪我をして長期間サーキット走行から離れますと、
ボタボタとガソリンが漏れちゃう訳ですよ。



んで、



1回バラして洗浄をかけ、
フロートのレベルなんかもチェックして組んでみたのですが直らず、
今回再度バラして各部をチェックしてみたのですが、
どーやら、
2番と3番のフローとの動きが渋い様で、
そろそろフロートピンの変え時かなぁ?なんつって思う訳ですが、
こう言う時は、
ウダウダ言って無いで即・新品交換!がバイク乗りの基本ですよね?
俺クラスのセレブになりますと、
フロートピンの1本や2本なんて安い物な訳ですから、



当然!



交換しませんでした!!


・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・。

えーと、
今度はいつまでガソリンが漏れずにいてくれますかね?
スポンサーサイト

| GSX400S | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yasudamisa.blog57.fc2.com/tb.php/133-169adb02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。